(最終更新日:2017-11-06 14:29:48)
  ノザワ アキオ   NOZAWA, Akio
  野澤 昭雄
   所属   青山学院大学  理工学部 電気電子工学科
   職種   教授
■ 担当科目
先端エレクトロニクス(第一部)、電気回路Ⅲ(第一部)、電気工学実験Ⅰ(第一部)、電気電子計測(第一部)、電子応用(第一部)、福祉工学(大学院)
■ 専門分野及び関連分野
生体計測, 感性工学, 感性ロボティクス, 電気電子工学, 感性情報学・ソフトコンピューティング, 知覚情報処理・知能ロボティクス, 認知科学 
■ 学歴・学位
1. 青山学院大学 理工学部 電気電子工学科 卒業
2. 青山学院大学大学院理工学研究科電気電子工学専攻博士前期課程修了
3. 青山学院大学 博士(工学)
■ 職歴
1. 1997/04~2001/08 大日本印刷株式会社 ビジネスフォーム事業部
2. 2002/09~2007/03 青山学院大学 理工学部電気電子工学科 助手
3. 2010/04~2012/03 明星大学 理工学部総合理工学科電気電子工学系 准教授
■ 所属学会
1. 2002/04~ 電気学会
2. 2003/09~ 電子情報通信学会
3. 2004/01~ 日本感性工学会
4. 2008/10~2009/09 ∟ 若手研究者部会「而立の会」幹事
5. 2009/10~2010/09 ∟ 若手研究者部会『而立の会』部会長
全件表示(6件)
■ 
1. 2003/09 計測部門 研究・技術奨励賞
2. 2005/08 優秀論文発表賞
3. 2013/09 第14回日本感性工学会大会 優秀発表賞
4. 2015/01 20th ISAROB Young Author Award
5. 2015/08 平成26年 電子・情報・システム部門誌 奨励賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2002~  感性の計測および定量的評価 個人研究 
2. 2004~  自動車ドライバーの心身状態の無意識計測技術の開発 個人研究 
3. 2006~  感性計測技術の製品デザインへの応用 個人研究 
4. 2006/04~2007/03  唾液中の生体内分泌物質による音質評価の研究 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2008~  脳神経系活動計測に基づく嗜好の客観的評価とそのフィードバックが嗜好形成に与える影響に関する研究 個人研究 
全件表示(30件)
■ 社会的活動
1. 2014/11 講演「生体情報に基づく製品の感性評価」
2. 2014/10 講演「感性および快・不快の計測法と製品開発への応用」
3. 2012/08 講演「感性の計測と製品開発への応用例」
4. 2011/05 メディア取材協力, "慣用句の「顔から火が出る」は本当なのか?," 日本テレビ「なるほど! ハイスクール」, 2011年5月5日放送分
5. 2010/12 メディア取材協力, "お皿割りでロボ開発!?," 東京新聞, 20010年12月23日号
全件表示(7件)
■ 委員会・協会等
1. 2017/06~2019/05 診断・監視の基盤技術とその応用に関する協同研究委員会 委員
2. 2016/04~ 波動の横断的センシング応用技術協同研究委員会 委員
3. 2015/04~ 電気学会 電子・情報・システム部門 論文委員会 委員 委員
4. 2014/12~2016/11 診断・監視技術の共通基盤に関する協同研究委員会 委員
5. 2014/10~2016/03 波動の横断的センシング技術協同研究委員会 委員
全件表示(13件)
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  顔面熱画像計測によるドライバの眠気評価 (共著) 2016
2. 著書  官能評価活用ノウハウ・感覚の定量化・数値化手法 (共著) 2014/06
3. 論文  Enhancing cardiac parasympathetic nervous activity using a posture respiration ambient biofeedback system: a pilot study (共著) 2017/09
4. 論文  空気流刺激の認知特性評価 (共著) 2017/07
5. 論文  Evaluation of dynamics of forehead skin temperature under induced drowsiness (共著) 2017/06
全件表示(92件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2009/09 感性工学研究の現場から新しいパラダイムの創出を目指して(東京)
2. 2008/12 計測自動制御学会・マンマシンシステム部会・サブタスク研究会・第6回研究会(筑波大学大塚キャンパス)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2017/09/13 「勇気づけ」メッセージが達成困難な課題の遂行に及ぼす影響評価(第19回日本感性工学会大会)
2. 2017/09/13 「空気覚」創造に向けた空気流発生装置の伝達関数推定(第19回日本感性工学会大会)
3. 2017/09/13 副次課題が家事行動に及ぼす生理心理的影響の基礎的検討(第19回日本感性工学会大会)
4. 2017/09/13 顔面熱画像及び顔面可視画像を用いた概日リズムの評価及び心身状態の推定(第19回日本感性工学会大会)
5. 2017/09/11 自己充実指向を打開する「勇気づけ」メソッドの開発(第19回日本感性工学会大会)
全件表示(282件)
■ 研究業績(取得特許)
1. 2008/10/08 ICカード(特許第4162786号)
2. 2009/02/04 ICカード(特許第4219455号)