青山学院大学 研究者情報   
 
TOPページ      


  マツバラ シュンイチ
  松原 俊一   青山学院大学 理工学部   助教
■ 担当科目
     情報テクノロジー実験Ⅱ(第一部)、計算機実習Ⅱ(第一部)、情報テクノロジー実験Ⅲ(第一部)
■ 専門分野及び関連分野
    理論計算機科学, 情報学基礎 
■ 学歴
電気通信大学電気通信学部情報工学科卒業
電気通信大学大学院電気通信学研究科情報工学専攻博士前期課程修了
電気通信大学大学院電気通信学研究科情報工学専攻博士後期課程修了
■ 最終学位
博士(理学)
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 【論文】  An enumeration algorithm for all integers nonrepresentable by some positive integers  (単独)  2015/02
2. 【論文】  拡張範疇文法 : 機械翻訳のための新しい文法モデル  (共同)  2009/09
3. 【論文】  拡張範疇文法の能力について  (単独)  2009/05
4. 【論文】  拡張 Dyck 言語による TALs の特徴付け  (共同)  2007/06
5. 【論文】  拡張 Dyck 言語による TALs の特徴づけ  (単独)  2006/05
■ 研究業績(学会発表)
1. 2016/10/21 On Lower Bounds for the Complexity of the Frobenius Problem and Its Subproblems  (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
2. 2016/10/13 関数問題版のフロベニウス問題と計算複雑さ  (列挙アルゴリズムセミナー)
3. 2016/09/23 探索問題の計算複雑さのクラス FD2P と普遍集合を持つその部分クラスについて  (情報処理学会アルゴリズム研究会)
4. 2016/09/06 フロベニウスの問題の近似困難性と被覆半径問題の関係について  (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
5. 2016/07/20 関数問題版のフロベニウスの問題と F\Sigma_2^P およびその部分クラスの関係  (夏のLAシンポジウム)
6. 2016/06/24 多項式時間数え上げ階層の緩減算的還元のもとでの完全性について  (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
7. 2016/06/02 On Parsimonious Reductions from the Accepting Path Counting Problem for $\Sigma_2$-machines to the Counting Problems for $\Sigma_2$ SAT  (Computational Complexity Conference(CCC) 2016 Satellite Kyoto Workshop)
8. 2016/05/14 数え上げ問題の計算量  (列挙アルゴリズムセミナー)
9. 2016/03/06 数値半群のギャップ数え上げの計算複雑さのクラスについて  (情報処理学会アルゴリズム研究会)
10. 2016/01/27 数値半群のギャップの数え上げの計算複雑さについて  (冬のLAシンポジウム(京都大学数理解析研究所RIMS研究集会「理論計算機科学の新潮流」))
11. 2015/10/09 フロベニウスの問題の下界  (列挙アルゴリズムセミナー)
12. 2015/09/02 加法的な構造の解析から得られるフロベニウス問題に関する上下界とその計算量  (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
13. 2015/07/15 フロベニウスの問題に関する不等式  (夏のLAシンポジウム)
14. 2015/05/09 An Algorithm for Finding Polynomial-Size Positive Integers Specified by the Frobenius Number  (The 8th Annual Meeting of Asian Association for Algorithms and Computation (AAAC 2015))
15. 2015/04/23 フロベニウス硬貨交換問題の近似アルゴリズムに関する一考察  (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
16. 2015/01/29 フロベニウスの硬貨交換問題の計算量のクラス  (冬のLAシンポジウム2014(RIMS研究集会「計算理論とアルゴリズムの新潮流」))
17. 2014/12/05 ある条件を充たす正整数の非負整数結合に対する桁上がり無し位取り記数法  (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
18. 2014/10/09 フロベニウスの硬貨交換問題の計算量のクラスについての一考察  (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
19. 2014/03/11 視線追跡装置を用いた三次元空間内の直感的なナビゲーションの提案と実装  (情報処理学会全国大会)
20. 2013/10/18 フロベニウスの硬貨交換問題に対する構文解析表を用いたアルゴリズム  (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
21. 2013/09/03 Birman-Ullman のアルゴリズムを用いた正整数の倍数全体の構文解析  (組合せ論サマースクール2013)
22. 2013/03/08 3次元グラフィックス記述フレームワークSardonyxの提案と実装  (情報処理学会全国大会)
23. 2013/03/08 プログラミング言語 Ruby のための Unicode 正規化ライブラリの効率化  (情報処理学会全国大会)
24. 2013/03/07 SVG 作成用フレームワーク SVuGy への統計グラフ生成機能の追加  (情報処理学会全国大会)
25. 2013/03/07 Web オーサリングツール Amaya に対する HTML5 編集機能の実装  (情報処理学会全国大会)
26. 2013/03/06 Meteor.js を用いたスポーツ用 リアルタイム Web アプリケーション の提案と実装  (情報処理学会全国大会)
27. 2013/03/06 リアルタイムでの学生情報の共有による教育支援システムの開発  (情報処理学会全国大会)
28. 2012/05/14 制限付き後戻り下向き構文解析器では認識不可能な文脈自由言語について  (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
29. 2012/03/22 セマンティックウェブ技術を用いた Ruby on Rails の推薦フレームワークの開発  (電子情報通信学会総合大会)
30. 2012/03/08 大学のプログラミング教育における可読性の影響の調査  (情報処理学会全国大会)
31. 2012/03/07 視線追跡装置および動作認識装置を連動させた直感的入力システムの開発  (情報処理学会全国大会)
32. 2012/03/06 モバイル端末における AR ブラウザの提案と実装  (情報処理学会全国大会)
33. 2011/04/22 非左再帰的な解析表現文法の構成法  (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
34. 2011/04/16 The expressive power of well-formed parsing expression grammars  (Asian Association for Algorithms and Computation)
35. 2011/03/21 ルビと縦書きのWebブラウザへの実装とその背景  (情報処理学会デジタルドキュメント研究会)
36. 2011/03/02 Webサーバ側によるアノテーションサーバ指定の提案及びAnnoplusによる実装  (情報処理学会全国大会)
37. 2011/03/02 Rubyによるプッシュ型通信のためのWebSocketライブラリの開発  (情報処理学会全国大会)
38. 2011/03/02 チームプログラミングを可能とした教育支援システムの開発  (情報処理学会全国大会)
39. 2011/03/02 プログラミング言語 Ruby のための Unicode 正規化ライブラリの実装と評価  (情報処理学会全国大会)
40. 2011/03/02 Python から Ruby へとプログラムの自動変換を図るシステムの構築  (情報処理学会全国大会)
41. 2009/03/02 拡張範疇文法とTAGsについて  (電子情報通信学会コンピュテーション研究会)
 閉じる
 このページの先頭へ

 Copyright © 2003-2004 Aoyama Gakuin University. All Rights Reserved.