青山学院大学 研究者情報   
 
TOPページ      


  トモハラ アキノリ
  友原 章典   青山学院大学 国際政治経済学部   教授
■ 担当科目
     多国籍企業論(院)、国際経済A、国際経済学(院)
■ 専門分野及び関連分野
    国際経済学, 労働経済学 
■ 学歴
早稲田大学政治経済学部経済学科卒業
ジョンズホプキンス大学大学院経済学研究科博士前期課程修了
ジョンズホプキンス大学大学院経済学研究科博士後期課程修了
■ 最終学位
Ph.D.
■ 職歴
ニューヨーク市立大学クイーンズ校経済学部 助教授
ニューヨーク市立大学大学院経済学部 助教授
北九州市立大学経済学部 助教授(2007.4より准教授)
ピッツバーグ大学大学院公共・国際政策 客員助教授
カリフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)経営大学院アンダーソンフォーキャスト研究所 エコノミスト
RIETI リサーチ・アソシエイト
■ 
2011 Outstanding Referee Award Applied Economics Series (査読者賞)
■ 研究テーマ
(区分なし) 多国籍企業で働く労働者の労働誘因について 
(区分なし) 国際的な資本や労働の移動について 
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 【論文】  "Inefficiencies of Bilateral Advanced Pricing Agreements(BAPA) in Taxing Multinationals"  (単独)  2004/12
2. 【論文】  "Public Health Insurance Expansions and Labour Supply of Married Women: The State Children's Health Insurance Programme"  (共同)  2008/04
3. 【論文】  Did Fin48 increase companies' tax payments?: trade-off between disclosure and tax burdens  (共同)  2012
4. 【論文】  "Motorcycles Retirement Program: Choosing the Appropriate Regulatory Framework"  (共同)  2009
5. 【論文】  "Imputing Unknown Market Values: A Different Perspective on the Disparity between WTP and WTA"  (単独)  2005/03
6. 【論文】  What are Relevant Work Incentive Models? Shirking Model, Gift Exchange Model, or Reciprocity Model  (共同)  2013
7. 【論文】  Does Globalization Benefit Developing Countries? Effects of FDI on Local Wages  (共同)  2011
8. 【論文】  Japan's tourism-led foreign direct investment inflows: An empirical study  (単独)  2016
9. 【論文】  "The State Children's Health Insurance Program: Participation and Substitution"  (共同)  2008
10. 【論文】  "Foreign Direct Investment and Wage Inequality: Is Skill Upgrading the Culprit?"  (共同)  2011
11. 【論文】  "Modeling FDI-induced Technology Spillovers"  (共同)  2010
12. 【論文】  "Export-led Growth via Export Platform Strategies: The Impact of Free Trade Agreements on the Structure of FDI"  (共同)  2009
13. 【論文】  "A Decomposition of Factors Influencing Horizonal and Vertical FDI: A Separate Analysis"  (共同)  2009
14. 【論文】  Valuing non-pecuniary instruments of human resource management  (共同)  2014
15. 【論文】  "Have The Implications of Twin Deficits Changed?: Sudden Stops over Decades"  (共同)  2011
16. 【著書】  『国際経済学へのいざない:これからの貿易と国際競争力、所得格差、観光、移民を考える』  (単独)  2010/09
17. 【著書】  トピックスで学ぶ経済学  (共同)  2011/04
18. 【著書】  『Financial Crisis in the Global Bubble Economy』  (共同)  2011
19. 【著書】  『国際経済学へのいざない 第2版』  (単独)  2014
20. 【著書】  『幸福の経済学』  (単独)  2013/04
21. 【著書】  "Transfer Pricing"『International Encyclopedia of the Social Science』Vol.8,2nd Edition    2008
22. 【論文】  国際的な資本移動と労働移動の関係ー欧米における実証研究のサーベイ (Invited Article)  (単独)  2015/09
23. 【その他】  グローバル化で我々の生活は悪化するのか  (単独)  2015/09
24. 【その他】  比較優位と絶対優位  (単独)  2012
■ 研究業績(招待講演)
1. 2009/07/08 Does FIN48 Benefit Tax Authorities through Increase in Taxpayer Compliance?  (米国内国歳入庁(The 2009 IRS Research Conference)(共同))
■ 外部資金導入状況(国からの補助金)
1. 2016/04~
2020/03
国際的な生産要素移動の相互作用について(科学研究費補助金)(基盤研究(C))
2. 2013/04~
2016/03
主観的な公平感が労働意欲に与える影響は、男女間でどのように異なるのか(科学研究費補助金)(基盤研究(C)(研究代表者))
3. 2010/04~
2013/03
多国籍企業の労務管理戦略が、発展途上国の労働力形成に果たす役割(科学研究費補助金)(基盤研究(C)(研究代表者))
 閉じる
 このページの先頭へ

 Copyright © 2003-2004 Aoyama Gakuin University. All Rights Reserved.